本試験に実力で合格するために最も気を付けるべき事は何かといえば、「ミスをしないこと」、 「ミスをしないこと」とは、即ちカコモン周辺論点を確実に正解することであり、本試験に実力で 合格するレベルの人に過去問をやらせたなら、殆ど間違えることはありません。
つまり、過去問を完璧にすることは、本試験に実力で合格するための最低条件だといえますが、 逆に言うと、過去問さえ完璧にすれば、択一に関しては、本試験合格まで後一歩だということになります。
過去問をせずに答練問題のみをするという人や、市販の学者本を読み込むような人もいますが、 ひたすら過去問を繰り返し、周辺論点を確実に押さえることが、択一で高得点をとるための最良 の手段です。
 
意味が理解できないままに暗記するような勉強は面白味がなく苦痛ですし、暗記だと出題形式を変えら れた場合に応用が利きません。興味を持って勉強を継続できるよう、またどの方向から問われて も正解に辿り着けるよう、暗記ではなく、なぜそうなのかを理解する勉強を心がけましょう。
当塾の講座のように、理由をキッチリ説明してくれる講座を受講し、暗記ではなく理解に重点を 置く勉強を繰り返せば、自然と成績もアップします。
例えば判例を覚える際、自分が裁判官であればどう判断するかという視点で判例の結論を捉え、 自分の中にある常識に合致しているものはそのまま流し、合致しないものだけ理由付でしっかり 押さえるといったようなことも、効率よく記憶するための一つのテクニックです。
 
過去問なり答練なり書式問題なりをした際、その復習は必ずサブノートでする必要があります。
過去問は赤線、答練は青線など、出題箇所にアンダーラインを引く、答練の解説中、自分にとっ て解りやすい文章を書き込む、間違えた箇所にチェックを入れるなど、自分が勉強した内容は全 てこのサブノートに書いてあるという状態を本試験前までに作り上げて下さい。
そうすれば答練などの復習に時間をとられることもなく、周辺論点をも瞬時に復習できますから、 本試験前の直前期を効率よく過ごすことができ、成績も一気に伸びるということになります。