磯西 亮佑
 
1.はじめに
 私は、アイシスのインプット講座・アウトプット講座を受講後、1回目の試験で合格す ることができました。平成22年の試験も受験したのですが、本試験終了後の自己採点で 不合格であることが分かったため、平成23年の試験に向けてすぐに勉強を再開しようと 考え、アイシスで基本からキッチリと理解し、平成23年の試験で必ず合格しようと決意 しました。
 私がアイシスを選択した理由は、
1) アイシスの方法論で合格できると確信したこと
2) 嶺先生の自由なスタイルがカッコイイと思ったこと
3) 受講後1年で合格すれば賞金30万円が出ることです。
 この体験記を読んでくださる皆さんのために、私がどのようにアイシスを利用し勉強を したかについて、具体的に書いていきたいと思います。

2.勉強法
 (1)インプット講座受講時
 私は、通信受講だったため、8月ぐらいから民法のインプット講義をDVDで受けていき ました。この時期は、まず、民法の講義を受け、講義後すぐに該当箇所の過去問を検討し ていきました。講義中は、レジュメと板書には載っていない知識のみをレジュメに書込み、 基本的には講義を聴くことに集中していました。講義内容は、ほぼレジュメと板書に書か れているため、非常に効率がよい講義でした。アイシスの過去問には索引が付いており、 レジュメのテーマごとに肢毎に過去問を検索できるので復習がしやすかったです。また、 過去問の解説もレジュメの記載をベースに要点が簡潔に書かれてあるので使いやすかった です。
 過去問の具体的な検討方法は、
1) レジュメの該当箇所の過去問の肢を読む
  (過去問の索引から探します。)
2) 解説を読み、レジュメの該当箇所を読む
3) レジュメの該当箇所に赤線を引く
4) 何か気づいたことがあれば、レジュメに書き込んでおく
というものです。この作業を講義の流れに沿って、全科目について行いました。
 また、民法の講義が終わると、不動産登記法が始まるため、不動産登記法の講義を受け つつ、民法の復習を行っていました。
 インプット講義の受講期間中は、上記の勉強のみでかなり忙しいため、書式の勉強は行 えませんでした。
 年が明けると、毎週、辰巳法律研究所の答案練習会を受けていきました。アイシスの受 講生であれば辰巳法律研究所の答案練習会を半額で受けられる制度があるのですが、この 制度を使うと辰巳法律研究所のキャッシュバック制度の適用外になるので、迷ったのです が、私は、キャッシュバック制度の適用を受けようと考え、全額支払いました。合格した ため、1月から6月までの答案練習会の費用はタダだったことになりました。
 答案練習会の活用方法は、
1) 答案練習会の範囲指定に沿って、過去問を完璧にして行く。
2) 答案練習会では過去問の知識で解ける問題については、
  全問正解するつもりで本気で 受ける。
3) 復習は、全ての問題を丁寧に再度検討し、
  赤線が引かれていない知識(本試験に未出 の知識)
  のレジュメ該当箇所に青線を引いておく。
 その知識がレジュメに記載されていない場合には、適宜、書き込んでおく。 というようなことを、毎週行っていきました。因みに、答案練習会での成績は平均すると 30問ぐらいの正解はできていました。書式は、アウトプット講義が始まるぐらいから対 策を始めたので、高得点は取れていませんでした。
 (2)アウトプット講座受講時
アウトプット講座では、択一問題と約100問の書式問題の解説がなされるため、毎回 予習として該当の問題を解いていきました。 書式の解説では、問題の解き方、メモの仕方、論点の注意点、知識のマトメ、などなど の非常に内容の濃い講義であるため、合格に大いに役立ちました。講義では、嶺先生と一 緒に、大量の問題を、レジュメをベースに検討していくため、嶺先生の方法論を直接見る ことができ、かなり参考になりました。

3.アイシスの受講生の方ヘ
 私の今回の合格は、アイシスの方法論に出会えたことが、かなり大きかったと思います。 アイシスでは、インプット講座で過去問知識及びその周辺知識について詳細な解説がなさ れていきます。レジュメには、必要な知識があらかじめ記載されています。アウトプット 講座では、問題をガンガン解いていき、情報を集約していきます。情報の集約は、実力で 合格するには必須の作業であり、アイシスの講義とレジュメは情報の集約に最適なツール であると考えます。
 また、嶺先生は講義時間中に雑談は一切しません。私は、講義中に平気で雑談をしてく る講師の講義を他の予備校で受けたことがあるのですが、まったく合格には役立ちません し、雑談を聞かされる度に集中が途切れるので、有害であると思っていました。嶺先生は 合格に向けて淡々と講義されるのでありがたいです。 次の試験に向けて、勉強に励んでおられるアイシスの受講生の方には、嶺先生を信じて 迷うことなく淡々と合格に突き進んでもらいたいと思います。過去問を中心に問題をガン ガン解いて、その都度アイシスのレジュメをチェックし、レジュメに情報を集約していく ことにより実力はグングン上がっていくと思います。この勉強を本試験当日まで続けてい くことにより、圧倒的な実力で合格ができると思います。
 アイシス出身の合格者と合格後にアイシスの話題で盛り上がれたなら、とても楽しい時 間が過ごせると思うので、一人でも多くの方が、アイシスから合格してほしいです。そし て、私を発見したら、「あの合格体験記を読んだよ」と気軽に話しかけて貰えたら本当にう れしいと思います。最後まで頑張ってください。

4.最後に
 アイシスには本当に感謝しております。私の低レベルな質問にも迅速かつ丁寧に回答し ていただき本当に助かりました。ありがとうございました。
 司法書士という資格を手に入れることができ、今後も更なる勉強が必要になりますが、 実務の世界で必ず成功できるように頑張っていきたいと思います。
 この合格体験記がみなさんの参考になれば幸いです。
 最後まで読んでいただきありがとうございました。